マネキン

体型をカバーするパーティードレス

「パーティードレス」を上手に着こなすには、体型を美しく見せるデザイン選びが大切です。コンプレックスをうまくカバーできるデザインをセレクトして、自分の持つ美しさを引き出しましょう。見た感じ変わっていないようでも、20代と30代では体型は少しずつ変化しています。まずは自分の体型と向き合うことからはじめると良いでしょう。
二の腕がぽっちゃりしている人が中途半端な袖丈をチョイスすると、太く見えてしまうこともあります。パフスリーブで肩にポイントを置いたり、フレアータイプのゆったりとした袖のデザインを選ぶと良いでしょう。
おしりの大きさが気になる人がタイトなラインを選ぶのはご法度です。ゆるやかなフレアータイプのドレスでおしりをカバーしましょう。また、スレンダーなラインを作ってくれるタックの入ったワイドパンツもおすすめです。
脚に自信がない人は足首まであるロングドレス、ミディ丈ドレスをチョイスすると良いでしょう。脚全体を覆ってコンプレックスをカバーしてくれます。自分の体型に合ったドレスを着れば、自信がもてなかった体型を忘れて明るく過ごせます。隠れていた美しさを引き出して、思いっきりパーティーを楽しみましょう。

まずは使い勝手の良いドレスを選ぶ

パーティドレスは裾がロング丈やミニ丈のものや、袖があるものやないものなど様々な形のドレスがあります。また、形状だけでなくポリエステル無地やシルクや柄物やスパンコールやレースやシースルーなど生地も様々です。
着用するシーンによって使い分けるのも素敵ですが、まずはベーシックで使い勝手の良いドレスを一つ選ぶことをおすすめします。ベーシックで使い勝手の良いドレスを選んでから、ミニ丈やシースルードレスや派手な柄のドレスなどおしゃれではあるけれどシーンを選ぶドレスのラインナップを揃えていく方が良いです。
フォーマルな場では肌の露出が激しいドレスはマナー違反なので、膝丈以上の長さのドレスを選んだ方が無難です。また、ドレスの袖についてはノースリーブのドレスでもショールやボレロなどの羽織りで肌の露出を控えると、問題なく着用することができます。
ドレスの色や柄は好みがありますが、一枚持っておくと便利なのは黒のドレスです。黒は冠婚葬祭のフォーマルな場面でもアクセサリーやバッグを変えることでその場にふさわしいコーディネートになる上、どの年齢層でも似合い着る人を選ばない色なので便利です。
黒は現在では普段着としてもフォーマルウェアとしても一般的な色で、流行に左右されないので長く愛用することができます。

小物類もパーティードレスに合わせる

船上やガーデン、レストランを貸し切ったり、パーティーはさまざまな会場があります。ドレスはシーンに合ったデザインを選択するのがベタです。狭いレストランでボリュームのあるドレスを着用したり、ガーデンパーティーでノースリーブ、キャミソールドレスをチョイスするのはできるだけ避けましょう。
友人何人かで参加する際にお揃いや同じようなデザインを選ぶ人も多いですが、できることなら同系色ではなく、かぶらないようにしましょう。さまざまなカラーがあればパーティー会場もいっそう華やかになります。パーティーがクリスマスやハロウィンで、会場のデコレーションが分かっている場合は、そのイベントに合わせてドレスをチョイスしましょう。
靴やバッグ、アクセサリーもパーティードレスに合わせて選びましょう。カラーはオールブラック、オールピンクなど全部同じだとセンスを感じられません。合う組み合わせ、合わない組み合わせがあるので、ベースとなるパーティードレスに合ったカラーで小物類もまとめましょう。カラーコーディネートは、分かっていたほうがドレス選びもうまくいきます。完璧にする必要はないので、ある程度のことは知っておくと良いでしょう。